Top

メールによる遠隔操作

LiveCapture2は、メールによる遠隔操作が可能で、家の外からキャプチャー開始/停止/スナップショットを行うことができます。
この機能を使用すると・・・
といったことが可能になります。
メールコマンドを有効にすると、LiveCapture2は定期的にメールサーバに接続して、メールコマンドが送信されてきているかをチェックし、メールコマンドのみをダウンロードして処理を行います。
LiveCapture2用のメールコマンド以外のメールには何もしませんので、通常のメールで使用しているプロバイダ等のメールサーバを使用してLiveCapture2の遠隔操作が行えます。



メールコマンド形式

メールコマンドは、メールの題名に記述します。(本文は空でOK)
題名に入力するコマンドの形式は以下の通りです。
lc2 [コマンド] [カメラ番号(省略可能)]
※コマンドはすべて半角小文字で入力します
[使用可能なコマンド]
start ・・・ キャプチャー開始(メイン画面の三角ボタン)
stop ・・・ キャプチャー停止(メイン画面の四角ボタン)
snap ・・・ スナップショット(メイン画面のカメラボタン)
rec ・・・ 録画開始(メイン画面の録画ボタン)
reconnect ・・・ カメラの再接続


[カメラ番号]
カメラ番号は複数カメラを接続している場合に指定します。(1から)
順番はカメラ一覧に表示される順番です。(カメラ一覧は、タスクトレイアイコンを右クリックで表示されるメニューから「カメラ一覧」を選択することで表示されます)
カメラ番号を省略すると、最初のカメラに対してコマンドを実行します。

[例]
・スナップショットを実行する場合(カメラ番号を省略)
 lc2 start
・カメラ2のキャプチャーを停止する場合
 lc2 stop 2

上記のようなコマンドをメールの題名として入力して、メールサーバにメールを送信します。


設定方法

  1. タスクトレイに表示されているLiveCapture2アイコンを右クリックします。
  2. 表示されるメニューから「システム設定」を選択して「システム設定画面」を開きます。
  3. 「メールコマンド」タブを開き、「メールによる遠隔操作を有効にする」にチェックを入れて、各項目を設定します。
  4. 「OK」ボタンを押して画面を閉じると、直ちに有効になります。
    ※次回起動時からは起動直後に有効になります。
  5. 設定が終わったら、指定したメールサーバにメールを送って動作を確認してみてください。


パラメータ 説明
POP3サーバ(受信) メールコマンドを受信するメールサーバ(POP3)を指定します
SMTPサーバ(送信) コマンド実行結果の返信メールを送信する際に使用するメールサーバ(SMTP)を指定します
ユーザID メールサーバ(POP3)にログインするユーザIDを入力します
パスワード メールサーバ(POP3)にログインするパスワードを入力します
メールアドレス あなたのメールアドレスを入力します
(コマンド実行結果の返信メール送信者として使用します)
XX秒に1回コマンドをチェックする 定期的にチェックしに行く間隔を指定します
コマンド実行結果を返信する コマンドの成功/失敗を送信者に返信する場合にチェックします
下記のメールアドレス以外からの〜 メールコマンドを許可する送信者を指定します


携帯電話に現在の画像を送る方法

スナップショットをメールコマンドで実行することで、現在のカメラ画像を携帯電話に送信することができます。スナップショットの設定で、画像送信先に携帯電話のアドレスを設定しておき、スナップショットのコマンドを送信します。(設定の際に画像設定で画像の大きさを携帯電話にあわせて調整してください。)